2016年9月20日火曜日

追焙煎(ついばいせん)珈琲のすすめ

追焙煎を施した珈琲豆
「追焙煎(ついばいせん)」とは私の造語です。あちこちで売っている浅目の焙煎の珈琲を、自分の好きな程度まで火で焙り(焙煎)、中深から深めを目安に仕上げます。こうして、手を加える事が果たしてどうなのか、それは私には判りません。市販の珈琲豆は、曲がりなりにも焙煎のプロが判断して、仕上げたものでしょうから、それに素人が手を加えるのはけしからん、という方もあるでしょう。
しかし、大仰な焙煎機を使う訳でもなく、簡単に出来て美味しく、(私は)楽しめるので、皆さんに紹介してみようと思い立った次第です。
八女の無農薬の茎茶「白折」を使って、自前の「焙じ茶」は30年以上作って(焙煎して)いて、皆に喜ばれています。それが一つの下地になって、今回の「追焙煎珈琲」につながったのかも知れません。

焙煎用の片手鍋、中がすっかり珈琲色に
木蓋は土鍋用の大き目です
画像では判りにくいですが、焙煎前
焙煎後すぐ、煙が出ています
使う道具は、手近にある片手鍋(私は片手の行平鍋)と、それより少し大き目の木蓋、そして細かい穴が開いた金笊、この三つです。
1、鍋に100g位の珈琲豆を入れ、強めの中火くらいの火にかけます。ただ、ご注意頂きたいのは、鍋を少し火から浮かした状態を保ちながら、揺すり返さなければいけません。2、木蓋をしたまま、中の豆を揺すっては返す、の動作を繰り返して約10分。3、鍋から煙が出始め、香りが立って来たらゴールが間近です。4、パチパチと音が出始めてしばらくしたら(ここは自分の好みで、とは言っても、焙煎が深過ぎると珈琲の味が奥行きのないマットなものになってしまいます)、蓋を取り金笊にあけて煙を飛ばします。5、豆が冷えてから、保存用の容器に移します。私は1回に200g 位を追焙煎します。昨日も八女の催事用に、多めに追焙煎しました。人が多くなければ、皆さんにも召し上がって頂くつもりです。

0 件のコメント: