2018年9月23日日曜日

「喜びのたね命のかて展」始まりました。

ボンベイのアパート
マット装の更紗布と絞り布

昨22日、「喜びのたね命のかて展」が始まりました。1986年「用美社」刊の「旅の歓び」の原画20点と工藝関係の書籍などを並べて、見て頂く催しです。原画のうち、5点を額装し、その内3点はマットも大きいサイズに改めて、バランスが良くなりました。
昨日は定時15分前に店にたどり着いたら、シャッターの前に顔なじみの岡山のOさんが待っていらっしゃいました。人が並ぶ(たとえ一人でも)のは、まことに久し振りでもあり、大変嬉しくなりました。ただその後が大騒動で、ザックに入れた筈の店の鍵が見つからないのです。店に来る前(昨日は電車でした)、昼飯用に買い物をしたスーパーで、店に到着後、鍵を開ける際にザックを降ろさずに済む様、わざわざ鍵用袋から出しカウンターに置いたまま忘れているのです。思い出し、急いで戻って事なきを得ましたが、冷や汗三斗でした。

階段下から二階踊り場に掛けて

さて、今展の「もの並べ」はご覧頂く様に、なかなか見応えのあるものになりました。書籍類も、珍しいものから買って頂き易い値段のものまで沢山あります。特に、柳宗悦関係の書籍は、出版年度の古いもの、そして多くは芹沢銈介の切り文字を使った美しいものが多いのです。勿論、薮庭の花も入りました。

「水上の宮殿」と「ポストと老人」
「手相見(ボンベイ)」と「タイトル文字」
「西瓜のある静物」
「鳥かごを持つ男」と「行人」
書籍類

2018年9月10日月曜日

「喜びのたね 命のかて」 展のご案内


この10年近く、「秋分の日」をはさんで八女の福島八幡秋祭りの時期に合わせて、「高橋宏家」「同家土蔵」等で開催して来た催事を、今年はお休みいたします。来年はまた八女で皆さんにお会い出来る様に念じながら、より一層愉しい催事が出来る様に計画中です。その代わり、平尾の店の2階で前期が9月22日から30日迄、後期が10月13日から21日迄の二期に分けて「喜びのたね命のかて」展と題し、柚木沙弥郎作「旅の歓び」の原画と工藝関係の書籍を集めた会を開催します。出品作や書籍類の詳細は、後日ご案内いたします。


「話しの種」「飯の種」等の様に、「何々の種」と言う言い方の「種」とは、大方、材料とか手立てという意味合いで使われている言葉です。今展のタイトル名「喜びのたね 命のかて 展」は、あまり聞き慣れない、その意味で、いかにも未消化な言葉です。いわば、思いつきに近い言葉を、改めて皆さんに言葉を使って説明する事自体に無理があるのです。かといって、即物的に中味を説明する言葉を並べてタイトルにするのも、気に入りません。しいて言えば、自分が何を仕事の拠りどころにし支えにして、毎日を過ごしているか、これを皆さん方に見て頂く、そんな展観です。柚木沙弥郎という染色家は、若い頃から私の憧れの染色家で、驚くべき事に95歳を過ぎた今でもお元気で、現役の作り手です。その柚木さん60代半ば頃のお仕事の一つが、’86年に「用美社」から刊行された「旅の歓び」で、今回出品の原画は型染めの仕事の前の、一つの手掛かりとして描かれた編集用の原画です。今回それをマット装にし、工芸関係の書籍ともども皆さんに見て頂く事を思い立ちました。写真の書籍類タイトルの切り文字は柚木沙弥郎の師匠の芹沢銈介の手になるものです。小さい展観ですが、師弟競演になる訳です。どうぞ、お出掛けの上ご覧下さい。

2018年9月3日月曜日

忘れられないもの 42 佐々木志年の料理

E • ヒューズ作 黒釉スリップの大皿に手まり寿司

仕事を始め、過ぎて来た40年の時間の中で、私にとって「味覚の世界」の恩人を3人挙げよと云われたら、珈琲の世界の森光宗男(もりきつむねお)(故人)を番外として、まず、見田盛夫(みたもりお)、本名、菅原皙(すがわらてらす)(故人)。フランス料理の評論の世界で「味覚」と云う感覚的な世界に、著書や料理人との対話を通して「言葉」を与え、フランス料理の世界に大きな貢献をした人。学生時代からの知人で、仕事を始めてからは色々なものを買う事で私を助けてくれた人。その点でも恩人です。

次に、吉富等( よしとみひとし)。煮切った醤油数種を使う「江戸前」の寿司が基本ですが、烏賊(いか)に雲丹(うに)、鱧(はも)に梅肉を合わせたり、冬であれば唐津近海産の小粒の牡蠣を使ったり、また茗荷や赤蕪などの野菜を寿司種に使う等の工夫で、美味しい寿司を食べさせてくれます。ほぼ同じ時期(’79年5月)に仕事を始め、一人で寿司屋など入った事がなかった私に、一人で寿司をつまみ酒を飲む、楽しみを教えてくれた人。突き出しに「白子」(何のものだかは失念)が出て来て、口に入れるととろける様で、つい、銚子を一本注文してしまったりした事もありました。

手まり寿司の乗る自作の大皿を持つ
エドワード、嬉しそうに見えます
奥に、佐々木志年と奥さんの静子さん

最後が、佐々木志年(ささきしとし)。知り合った時は20歳で10歳近く年下ですが、感覚的に早熟で、絵や書も達者。仕事の、料理で使う道具(器)類に筋の通った品を多く蒐めていて、驚かされました。
あまねや工藝店を始めて数年経ち、個人作家の会などをやる様になってからは、その作り手の器に自分の持ち物である、古い時代の器類を交えて、味ばかりでなく見た目に美しい料理の数々で、参加した皆を喜ばせてくれました。私の「日常」の世界や「食卓」の味の物差しを作ってくれた人と言って良いでしょう。加えて「食事会」の時、細君が下拵えや配膳の手伝いという形で、具体的に佐々木志年の仕事に関わり始めてからと云うもの、我家の家庭料理の味を大きく変える切っ掛けを作ってくれた人でもあり、感謝しています。

「見田盛夫講演会」の折の会食時、
山本教行作瑠璃釉楕円大鉢に乗る
おにぎり二種と炊いたもの二種

小さい時から包丁を握る事は好きだった様で、小学校3年生の頃から病身の母親に代わって食事を作っていたと、本人から聞いた事が有ります。中学卒業後、市内の調理専門学校を経て、京都の「十二段家」で修行。その後、長崎の卓袱(しっぽく)料理を学ぶなどして独立。知り合って数年後、警固の筑紫女学園の近くに一軒家を借りて料理屋
「くらわんか」を始めています。その後、紆余曲折があって、もう一軒「料理屋」を作り、つぶして、「出張料理」という後年のスタイルで仕事を始め、手伝いの人にも恵まれて、ようやく安定した仕事が出来る様になっています。

鈴木照雄作の打掛け大皿のすずき

特に’90年以降、当店でも様々な人の「個展」開催の折に、二階を使って一席十二人で席を設け、常に満席と云う人気振りでした。佐々木志年が関わる様になった当店最初の催事は、1985年12月の第一回「出西窯の仕事展 <花を挿し菓子を盛る>」からで、この時は水差しを始め種々の器に花を入れ、色々な種類の菓子を出西窯の皿や鉢に案配よく盛り込んでくれました。本来の懐石料理の形で、料理を出す様になったのは山本教行さんの会からで、何を出してくれたやら全く覚えていませんが、自筆の「おしながき」に十二•三品が書き出され、催事によっては、部屋に軸を下げたり季節の花を入れる等の設えを終えた後、春であれば、塩漬けの桜の花を白湯(さゆ)に浮かべた桜湯から始まって、3時間位の時間の中で、向づけ、お造り、椀もの、
焼きもの、鉢もの、など様々な料理が出て来て、最後は季節の果物や菓子にお薄で締めくくる趣向になっています。ここで、’87年4月
29日の日付入「料理会」の「しながき」をご紹介してみましょう。

佐々木志年所有の金彩ガラス鉢

初かつお と題して、向づけ/ 赤貝 鮑 和布 菜の花 わさび 椀もの/ 飛竜頭 中国菜 きのめ 焼きもの/ 小鮎 よもぎ天ぷら 煮もの/ 筍 蕗 すけそうの子 きのめ 鉢もの/ かつを叩き芽しそ 穂じそ 針生姜 葱 防風 和えもの/ 蕨の白和え 筍の木の芽和え さより胡瓜の酢の
もの 御飯/ 青豆ごはん かうのもの/ 筍姫皮 蕗の葉 菜の花漬け 果物/ いちご 菓子/ 蓬もち 桜もち わらび餅 以上。
いまだに、献立の組み立てが新鮮で美味しそうです。
 
鈴木照雄作片口に清末の色絵のレンゲが並ぶ

これまでに、こんな形の「食事会」を催したのは、山本教行(やまもと
のりゆき)、柴田雅章、鈴木照雄、出西窯、沖塩明樹(おきしおはるき)、
エドワード•ヒューズ、ジョン•グラハム、高田青治、見田盛夫、山本まつよの諸氏が関係する催事の時で、外村先生にも山本教行作の楕円大鉢に盛り込んだ60ヶのコロッケをお出しして、喜んで頂いた事があります。私自身(ホストとして)、それらの席に連なるのが仕事の範疇でもあり、毎回12人の内の一人として、十二分に眼と口の幸せを味わった事を今も感謝しています。

2018年8月8日水曜日

忘れられないもの41 モノを仕舞う函二種


今回、皆さんに御紹介するのは、いずれも身の廻りの品(主に衣類)を中に仕舞い納める函です。一つ目の函は、山形県の米沢で三十五年前に手に入れた(人で云えば、とっくに古希は過ぎている)鉄の引手付の小箪笥。もう一つは、二年前に取引先の倉庫で偶然見つけた、これも恐らく百年以上の歳月を経て来たであろう、六枚の板を楔で留め付けた(移動する時は楔を抜き、板の状態に出来る)アフガニスタンのスワートチェストと呼ばれる衣装函です。


小箪笥は、下の大きい引出しの前板(桧)以外は杉材を使っています。また、上板と裏板以外は柿渋に弁柄(べんがら)と墨を混ぜたもの塗っているだけ、引手や飾りに使われている金具にしても薄い並の品です。さらに、木工の技術的な精度も高いものではありませんが、板と板の留め合わせに竹釘を使ったり、三つある引出しも実用上充分な程度の納まりを現在も保っていて、全体に簡素ですが好ましい品です。  ( 高さ 63cm 幅 90cm 奥行 48cm )


もう一つの函スワートチェストは、二年前の秋、訪ねた先の取引業者の倉庫に「底板なし」の状態のまま放置されていた(?)のを見つけたものです。引き取る際、「底板(底板に出来そうなもの)を付けて送って下さい。」と云ったつもりが、言葉が足りなかったのでしょう。
しばらくして、先方が底板を「着けて(装着して)」送って来たのです。その「着け方」が半端でなく雑なもので、板の割れを止める為の鉄釘を十本近く打ち込んで繕ったりした、ひどい「直し」だったのです。唖然としましたが、ひとまず先方に「遺憾」の意を伝え、八女在住の木工家 関内潔さんに頼んで、打たれた釘すべてを抜き、跡に漆を入れて傷を目立たなくしたり、板の割れを「千切り」で止めたり、傷んだ楔を作り替えたり等々の念入りな(この函に対する充分な敬意を持ってなされた)調整修理をして貰い、半年程後に今の姿になりました。倉敷の大原美術館東洋館の入口に、このチェストの三倍はあろうかと云う立派な逸品がありますが、このチェストは私の好きな一品です。(高さ 80cm 幅 75cm 奥行 40cm)

2018年7月3日火曜日

忘れられないもの40 堀越の水甕


人の暮らしに必要な品や道具類の盛衰の行方を決めるものが、ある時代•地域の人の「需要」(本来の、或は広告宣伝等を通して意図的に作り出されたもの、か否かに関わらず)であるとすれば、実用具としての水甕は上水道普及率98%近い現在の日本では、すでにその役割を終えています。しかし、70年ほど時間を遡れば普及率も30%を下廻り、日本の各地で水甕は必要とされ盛んに作られていたのです。

この堀越の水甕は、私が地下鉄工事に伴う文化財発掘のアルバイトをやっていた1•2年後の、’81、2年の春頃手に入れたものです。その頃、私は未だ運転免許を持っていず、発掘現場で知り合った同僚作業員のTさん(女性)にお願いして、Tさん所有の軽四輪ワゴン車に同乗。山口県防府市の海辺にある堀越まで、往復約370Kmの道程をこの水甕を買うために出掛けたのです。

窯主の賀谷初一(かやはついち)さんは七十代に見えました。奥さんのすえのさんと二人暮らしで、次男の省三さんも当時は御同業でしたが窯の跡は継がず、何処にでもある(したがって、それなりに需要が見込める)型物の植木鉢製造を生業(なりわい)にしていらっしゃいました。
瀬戸内の海を間近に臨む小さな家の庭先には、大変な数の水甕が、文字通り、山の様に積み重ねられてありました。賀谷さんの窯で作られるものは、大小の水甕の他、味噌甕•野壺•擂鉢•口付徳利•野花立など、すでに当時ですら、多くの需要が見込めるとはとても思えない品々ばかりでした。

ただ一方で、「需要」という、言葉には出来ても姿の見えない、「化け物」の埒外の仕事であったればこそ、倉敷民藝館初代館長 外村吉之介(とのむらきちのすけ)や日本民藝館第三代館長で工業デザイナーの 柳宗理(やなぎむねみち)が審査員を務めていた「日本陶芸展」第三部や「日本民藝館展」での入選や受賞もあり、堀越焼•賀谷初一窯の仕事が本格的な民窯の仕事として高く評価されてもいたのでしょう。

ところで、この水甕は、紐作りで成形した後、道具を使って叩き締めた槌痕(つちあと)が表に残り、それが甕の肩から腰にかけて打ち掛けられた藁灰釉の効果とも相俟って、強い調子を甕全体に与えていて見事な出来映えです。この時は大小の水甕の他、味噌甕、野壺などの中や隙間に擂鉢や野花立を重ねたり押し込んだりして、車に詰めるだけ詰んで帰途につきました。高速道路を使っての往復でしたが、帰りの平らな路では、何とか規定の速度(80Km)を保って走る事が出来ましたが、上り坂になると(積み荷の水甕類の重さの為)見る見る速度が落ちてノロノロとした運転になり、助手席に座っていて何度もはらはらさせられました。写真の水甕(径50cm 高60cm)は、自宅脇に長い間伏せたままであったものを水洗いして撮影したもので、暮らしの道具としての水甕の中に、これほど立派で美しい仕事がかつてあった事をここで顕彰(けんしょう)して、この稿を終わりたいと思います。

2018年6月11日月曜日

忘れられないもの39 第1回 大澤美樹子個展

           
私にとって、昔から憧れの染色家は柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)氏です。しかし、同世代同時代人としての染色家の筆頭は、なんと云っても大澤美樹子(おおさわみきこ)さんです。数年前、女子美術大学を退官された大澤さんの新しい御作を、昨2017年5月、新国立美術館の「国展」会場で一年振りに拝見しました。渋い茶と緑の二色で構成された注染(ちゅうせん)の大作でしたが、並みいる華やかな諸作の中で、はっきりした自分の切口を持つ素朴で強い表現に見えました。大いに感心し、大澤さんに宛て以下の様な購入の申入れを致しました。

大澤美樹子様 こんばんは。15日の「国展」最終日に会場に行きました。御作拝見。外来種や交配種の多い花畑で、数少ない原生種を見る思いの残る作品でした。また、少ない言葉で自らの思いをはっきり語った文章を読む様でもあり、久しぶりで、大澤さんの作品が欲しい、と云う気持ち抑える事が出来ませんでした。この路線で、お互い元気なうちに、もう一度「作品展」をやって頂きたいとも思いました。購入出来るのであればそうしたいし、一度で御支払いするのは無理かもしれませんが、金額を御知らせください。支払いが難しそうであれば連絡します。ご報告方々お願い迄。 川口拝 

しかし、時すでに遅く、先約(初日に岩立フォークテキスタイルミュージアムから)があり、希望はかなえられませんでした。

ギャラリー入口右側の壁面

ところで、大澤さんとの具体的な御縁は、1992年の「第一回 大澤美樹子個展」まで遡ります。前年、展覧会開催中の京都の画廊まで出掛け、拝見した上で福岡での個展開催をお願いしました。そんな事情もあっての事か、私自身の思い入れが強かった様で、当時、天神中心部に近い“西通り”傍にあった、NTTのEspace19(エスパストーク)を会場として一週間借り、案内状は初めてのカラー印刷。おまけに同時出品として、同年5月に終わったばかりの岩井窯 山本教行諸作品と、当時、愛媛県の山中(久万町)で廃校になった小学校を仕事場にして家具を作っていた、林栄一の松材の白木家具あれこれ。極め付けは、自家製の丸い銅板のマスクを被ったベニヤ板製のマネキン十体(これに染布を巻いたり留付けたりして、魅力的な着付けを担当してくれたのは友人の青砥このみです)と、友人で作曲家の清野謙三(きよのけんぞう)による環境音楽としての「大澤美樹子個展会場の為の音楽」です。

撮影は当時「珈琲美美」勤務だったSさん

“染色展”だから、染布を壁に下げてお仕舞いと云うのでなく、そこに幾つかの領域の表現を重ね、来て下さった方々に具体的で心地良いギャラリー空間込みの体験をして頂く事、そして家具や陶器を合わせる事で、そこに擬似的な生活空間を現出させる事など、後年八女の「高橋宏家」で行った試みと同じ(この時、自身四十代でもあり、もう少し積極的ではありますが)狙いだったのです。
記録的な売り上げの同展でしたが、私の思い入れによる無茶な出費がたたって、“大赤字”でした。しかし、私には未だに忘れられない素晴らしい展覧会です。

2018年6月2日土曜日

6回目の「村松学展」始まりました

本日が初日の「村松展」始まりました。朝早めに家を出、昨日し残した作業を終えて御客様を待ちました。盛況でした。やはり、花が入ると会場が見違える様に活き活きして来ます。不思議!ご覧下さい。

本日の二階正面並びに左右
村松ガラス諸作に入った花々

2018年6月1日金曜日

第6回「村松学吹きガラス展」始まります


明日6月2日から、6回目の「村松学吹きガラス展」が始まります。準備が出来ました。明日、花が入ります。お出掛け下さい。お待ち申し上げます。

2階正面
窓側
中央舞台

2018年5月26日土曜日

林竹二 授業三部作「開国」上映のお知らせ

© GROUP GENDAI
現在、あまねや工藝店二階で「子どもの本や」販売会を開催中です。最終日の明日27日午後5時から、第三代の宮城教育大学学長 林竹二が、1978年沖縄県那覇市の久茂地小学校6年生の子ども達を対象に行った授業の模様を、東京の映像制作会社「グループ現代」がフィルムに収めた記録映画「開国」を上映します。江戸末期、アメリカの提督ペリーの浦賀来航を手掛かりにして、国を開くとはどういう事か、を子ども達に問い掛けます。上映時間は108分、途中15分程の休憩をはさんで午後7時頃に終映予定です。終わった後、お茶を飲みながら、皆さんに感想を伺う時間を設けたいと思っています。

© GROUP GENDAI


2018年5月25日金曜日

「子どもの本や」販売会始まる

本日25日から27日まで、長丘にある「子どもの本や」販売会が始まりました。初日の今日は、お客様こそ少なかったものの、いらして下さった方々は、長い間井上さんと楽しそうに話したり、本を読んだり選んだりして、お一人当たり3時間以上も楽しんで下さいました。ありがたいこってす。どうぞお出掛け下さい。

一階のぞき
二階正面左右
二階窓辺、ご覧の様に大人向け
の本も沢山並んでいるのです