2023年1月31日火曜日

2001年を振り返る
母クニ二十三回忌法要の日に


本日30日の午後、母クニの二十三回忌法要のため、菩提寺の御住持に自宅までお越し頂いて経を誦んで頂きました。出席者は我々夫婦二人だけの寂しいものでしたが、仕方がありません。幸いな事に暖かい一日でした。2001年1月28日(この日が命日です)は、牡丹雪が舞い積もり雷が鳴って、忘れられない「出立の日」になりました。  たまたま、その日は菩提寺の御住持(先代)が東京滞在中であった為、枕経を誦んでもらう事と葬儀を近所の筑前国分寺にお願いしました。   母クニは市立福岡商業高校で永く教鞭を執っていた為、教え子の方々を始め縁戚の者や私どもの友人知人を含め50人ほどの方々がご参列下さり、良い供養が出来たと今でも思っています。

さて、その2001年は私たち家族にとっても様々な事があり、忘れられない一年です。まず、私はその年の1月初めから2週間ほどに渡って、アイルランドとイギリスそしてデンマークを訪ねる旅をしました。同行者は友人で書家の前崎鼎之さんと長男の成一君。アイルランドに版画家のジョン・グラハムを、イギリスでは湖水地方に住む陶芸家の故エドワード・ヒューズを其々訪ねました。あらかじめ宿の予約はしてあるものの、パック旅行ではないので、自分達で窓口に行って列車の切符を買い、時に間違えながら乗り換えや食事をするという、いまでは当たり前かもしれませんが、大変刺激的な旅でした。テート・ブリテンでウィリアム・ブレークの大きな展覧会に行き当たり、ブレークのオリジナル作品を数多く見る事が出来たのもこの時です。      入院していた母が、この旅から私が帰るのを待っていたかの様に、帰国後1週間程して亡くなりました。

娘のいつきは、年が明けてすぐに、シドニー郊外のロリエン・ノヴァーリスという幼稚園から高校までが同じ敷地にあるというシュタイナー学校のClass12(高校3年生)入学のため渡豪。その年の9月に アメリカからメキシコに修学旅行の予定だったのですが、9月11日にニューヨークの世界貿易センタービル崩落事件が勃発、侃侃諤諤の議論の末、修学旅行は決行され、その頃からようやく自分の思う事を英語で話す事が不自由でなくなった、と娘から聞いています。    卒業後、国立美術学校に4年通いオーストラリア人の同性の親友も出来、結婚も経験して娘二人にも恵まれ、すでにオーストラリアの生活の方が日本のそれよりも長くなっています。息子のあまねは大学卒業後、スウェーデンのコンサルティング会社の日本支社に勤め始めて3年目位だったでしょうか、勤めを休んで葬儀に参加してくれました。

私は、’92年以来10年間続けて来た福岡市博物館のミュージアムショップの仕事に、この時から3ヶ月ほど穴を開けてしまい、結局、続けて行くのに大変なこの仕事を辞める事を決心、こうして2001年は始まり過ぎて行きました。

2023年1月17日火曜日

「記念文集」追加販売のお知らせ



  昨年10月3日に販売終了のお知らせをいたしました、あまねや工藝店創業40周年記念文集「くらしにあかりをともすしごと」10冊を、表紙の型染布の作者 大澤美樹子さんからお送り頂きました。’21年12月の聖誕祭前後、出来たばかりの記念文集をお届けしてすぐに、「上出来!」とのお褒めの言葉と一緒に50冊の追加注文を頂いたのです。今回お送り頂いた10冊は、その一部です。販売終了後も「文集」の事をお尋ね下さる方があり、こちらとしても嬉しい10冊でした。記念文集ご希望の方はメール amaneya◯(@に置き換えて下さい)gmail.com か電話(092-526-0662 水曜日から日曜日の14時以降)でお申し込み下さい。

2023年1月2日月曜日

お誕生日おめでとう

本日、1月2日は私ども夫婦の上の孫娘 沙夜マチルダの15回目の誕生日です。いつもでしたら前年のうちに、娘のいつき(12月27日)、下の孫娘実輪ベアトリス(12月25日)の三人分の誕生日のケーキを作って、「あまねや通信」に載せて来たのです。ただ、今年は年末ぎりぎりまで催事を行なっていた所為で、今日になりました。    三人ともお誕生日おめでとう。今年が、あなた方三人にとって少しでも幸せで良い年になる様にMomoと二人、遠い日本で祈っています。今年はケーキの出来が特別良くありませんが、許してね!

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。2023年が皆様方にとって良い年でありますように!

 

2022年12月30日金曜日

皆様どうぞ良いお年を!

今日は朝から往復80kmほどを車で走って福岡市近郊の古賀市まで出掛け、亡母の墓参りと正月用品の買い出しをようやく済ませました。その後、本年最後の催事最終日に臨み、相も変わらず値札のシールを書いたり隙間の空いた棚の並べ替えなどをやり、勿論お客様のお相手もして1日を過ごしました。26日から29日までと短い期間でしたが、色々な所からお客様にお出掛けいただき感謝しています。    「第2回 歳迎えの会」新年1月7日からの後半もどうぞお楽しみに。それでは、来るべき年が皆様方にとって良い年でありますように!


2022年12月27日火曜日

「第2回 歳迎えの会」初日無事開幕

 

今回の催事は紙の媒体である案内状を作らず、先の「平山展」の時から始めたInstagram とfacebookの、web上のご案内だけだったので、果して幾人位の方がお出で下さるのか、全く見当が付かぬまま初日を迎えました。ところが思いがけず、開始の午後1時前から待っていて下さる方があったりして、一日人が絶えず、忙しく楽しく過ごす事が出来ました。正面の大きな作品が動いたりして、店内風景が変わりました。ご案内まで。

2022年12月23日金曜日

お知らせとお詫び



 明日の九州北部は大雪警報が発令中です。すでに自宅前の道路はアイスバーン状態です。皆様に明日が初日とお知らせしていた催事開催も、準備が滞っていて開催が覚束ない状態です。そこで、誠に申し訳けないのですが、明日明後日はお休みさせて頂き、26日(月曜日)からの開催とさせていただきます。画像は、唯一準備が終了した、主に、小谷真三さんの吹きガラスが並ぶ棚です。1枚目の画像が中段から下の、2枚目が上から中段にかけての画像です。2枚目の一番上の仕事は、左から3番目までがメキシコの、4番目以降が沖縄の仕事です。後は、小谷さん最初期から最盛期にかけての仕事です。